訃報を貰い家族葬であると知った場合の会社の対応

subpage01

社員から訃報があった旨知らされ、それが家族葬であった場合の会社の対応は普通の葬儀の場合と少々違ってきます。


まずは亡くなったのが、社員なのか社員でなければ社員にとってどのような存在の近親者だったのか、喪主は誰がつとめるのかをきちんと確認します。慶弔休暇や忌引き休暇の制度がある場合はその旨伝え、休みを取るよう促します。


家族葬のため葬儀は近親者のみであることを確認したら、弔問、弔電、供花、香典のどこまでを辞退するのかも聞いておきましょう。

こちらの家族葬情報を利用してみませんか?

訃報を知らせて良い部署と伏せる部署があればその旨も確認しておきます。


家族葬が何かを知らない方もいらっしゃいますので、知らせる部署に対しても、どのようなマナーが必要なのかをきちんと明記しておき、想定外の弔問客が訪れないように会社側も配慮してあげます。


会社としては家族葬の場合はどの様に対処すればよいのかというマニュアルを作成しておくといざという時に、誰が総務を担当していても慌てることなく対応できるのでお薦めです。

特徴のあるロケットニュース24に関する情報を紹介するサイトです。

香典を辞退する場合がほとんどですが、会社としては慶弔金としてある程度の金額が福利厚生の一環として支払われることが多くあります。
香典として渡す場合もありますが、どちらも御式や忌引き休暇などが終わり一段落してから渡すようにしましょう。


香典は元々霊前に供えるお香、供花など供え物の替わりに渡すお金ですが最近は葬儀の経済的負担を支援する意味も含まれ喪主に渡すものです。



それに対して慶弔見舞金とは故人への弔いと家族を亡くした社員への慰めの意味があり、香典とは違いますので、香典返しは必要ないと伝えてあげる事も忘れないようにしましょう。


学びたい知識

subpage02

人は人生の中で、誰でも1度2度は葬儀をする側になります。悲しいけれど、誰もが体験する出来事の一つになります。...

NEXT

マナーについて思うこと

subpage03

家族葬は、現在国内で1番多く執り行われている葬儀形態であり、都市部では専用の小型の葬祭施設を良く見かける様になっています。この葬儀形態は、比較的新しい葬儀形態なので定義づけが非常に曖昧で、世間一般ではまだまだ密葬と混同する方も多くいますが、密葬とは全く異なります。...

NEXT

ためになるマナー

subpage04

お葬式の形式の多様化の中、現代人気が上がっているのが家族葬です。家族葬とは、家族や身近な親族、親しかった知人のみの小さなお葬式のことです。...

NEXT

最新情報

subpage04

家族葬は、故人の家族や親しい親類縁者のみで執り行われるので弔問客や参列者への気遣いに追われることがない為、精神的にも体力的にも遺族の負担が軽くなるメリットがあります。又、参列者や弔問客へのおもてなしの必要がないので、故人を偲び冥福を祈る充分な時間をもつことができ、受付や会葬返礼品を準備する必要が無く非常に経済的なメリットが大きいのも特徴です。...

NEXT