家族葬のメリットと注意点

subpage01

家族葬は、現在国内で1番多く執り行われている葬儀形態であり、都市部では専用の小型の葬祭施設を良く見かける様になっています。


この葬儀形態は、比較的新しい葬儀形態なので定義づけが非常に曖昧で、世間一般ではまだまだ密葬と混同する方も多くいますが、密葬とは全く異なります。



密葬は、家屋や極限られた親類の為に小型の通夜及び葬儀を行い後日一般参列者の為の告別式を執り行いますが、家族葬では一般参列者の為の葬儀を執り行わず家族数人のみで通夜から埋葬まで行う事もあります。
その為、この葬儀では気心の知れた親類縁者のみで通夜から埋葬まで執り行うので対外的な見栄をはった祭壇や棺、振る舞い膳、精進落とし料理、香典返しなどの手配及び費用が不要とされ、打ち合わせ項目も少なく費用も一般の葬儀に比べて数分の1になる事も少なく無いとされています。又、家族葬は弔問客及び参列者が非常に限られているので対応に苦慮する必要が無く、故人の遺体を囲み遺族と親類縁者が故人との思い出に浸りながら故人の冥福を心行くまで祈る時間を持つ事が出来る葬儀形態としても注目されています。

@niftyニュースの情報はこちらのサイトです。

しかし、家族葬は完全に世間に浸透しきっていない為、遺族の思いとは裏腹に自分の意思で通夜や葬式に訪れる親類縁者や近隣住人が多くいるので、不意の参列者や弔問客に対する対応を用意する必要があり、事前に故人の訃報を連絡して家族葬を執り行う事に対する理解を得ておく必要も有ります。