家族葬のメリットと葬儀業者の対応

subpage01

家族葬は、故人の家族や親しい親類縁者のみで執り行われるので弔問客や参列者への気遣いに追われることがない為、精神的にも体力的にも遺族の負担が軽くなるメリットがあります。



又、参列者や弔問客へのおもてなしの必要がないので、故人を偲び冥福を祈る充分な時間をもつことができ、受付や会葬返礼品を準備する必要が無く非常に経済的なメリットが大きいのも特徴です。


しかし、事前に故人の訃報と共に家族葬を行う主旨を連絡しても、人情として当日通夜や葬式に訪れる方も少なく無いので、返礼品や料理の手配を念の為に行っておく遺族もいます。

goo ニュースがさらに話題になりそうです。

又、後日家族葬への参列を控えてくれた親類縁者達が弔問の為に訪れる事が多いので、後日訪れる弔問客への対応や返礼品の手配はどうしても必要となります。
更に香典や供花、弔電などを受け取るか辞退するかも考えておく必要があります。

家族葬の1番の問題点は、故人の訃報が葬儀後の事後報告になる事が多く、後日親類縁者からお叱りを受ける事も少なくないのが現実です。その為、葬儀業者では訃報を知らせる文書と共に参列のお断りや香典及び供花、弔電の辞退を伝える主旨を記載した文章等を用意しているので、事前に訃報を伝えると共に家族葬を執り行う主旨を伝え理解を得ておく方が後顧の憂いを絶て安心です。セットプランは、基本的に葬儀が出来るサービス内容になっている筈ですが、安さを売りにしている葬儀会社ではサービスの品質や備品のグレードが遺族の要望と異なる事が多いので、見積書以外にかかる追加料金の説明をして貰っておく必要があります。


現在も、葬儀後に高額な追加料金を請求する葬儀業界の悪習を引きずっている業者もいるので、注意する必要があります。